カテゴリ:日々( 61 )

tete cafeさん

昨年末に埼玉県越谷市にあった、
「tete cafe」さんへ伺いました。:)

c0100126_13592168.jpg




























実はtete cafeさんは、
昨年末に閉店をされました。

もう何年もお気に入りのお店でしたので、
閉店と聞いた時は本当に残念でした。

閉店が迫ったこの日も、
朝からたくさんのお客さんが、
オープンの時間を今か今かと待ちわびていました。

私も最後のランチをいただきに、
開店前から伺いました。


c0100126_14053626.jpg




























ラストのお昼ご飯は、
鶏の甘酢揚げプレートでした。

美味しく、
優しく、
お洒落なお料理に、
心ゆくまで癒されました。

ごちそうさまでした。


c0100126_14071102.jpg




























tete cafeさんへ初めて訪れたのは、
2010年の初夏でした。

小さく可愛らしい店内には、
いつも美味しい匂いと、
優しいBGMが流れていました。

閉店間際にはよく店主の方と、
お話もさせていただきました。

今では懐かしい思い出ばかりです。


c0100126_14101598.jpg




























帰り際に店主の方へ、
お花の贈り物をさせていただきました。

喜んでいただけて、
とてもうれしかったです。

長い間、美味しいお料理と、
素敵な空間をありがとうございました。:D

[PR]
by bebe8080 | 2018-05-10 14:14 | 日々 | Comments(0)

芋煮会

昨年末に埼玉県さいたま市にある、
「さとうさんち」で開かれた芋煮会へ、
伺ってきました。:)

c0100126_16131625.jpg


















実はさとうさんちは、
昨年の夏に「小さな朗読会」の会場として、
お世話になった場所です。


c0100126_16144706.jpg


















当日はこのような感じで、
準備させていただきました。

畳と紙芝居って合いますね。


c0100126_16155082.jpg


















昔懐かしいお茶の間の雰囲気が満喫でき、
とてもくつろげる場所なのです。

そんなさとうさんちで開かれた、
年末の芋煮会。

c0100126_16172622.jpg




























皆で好きな物を持ち寄りながら、
ホカホカの芋煮をいただきます。

ご参加者の皆さんは年の瀬もあり、
どなたも開放感に溢れた笑顔でした。


c0100126_16195159.jpg




























和気あいあいの中、
私も芋煮をいただきました。

甘みのある葱と、
ほっこりしたお芋が、
とても美味しかったです。

心も体も温まりました。


c0100126_16211125.jpg


























帰り際にオーナーさんから、
里芋のお土産をいただきました。

なんと埼玉産の里芋とのこと。
地元のお野菜がいただけるとは、
とてもうれしい気持ちでいっぱいです。

お鍋や煮物などにして、
美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。

…というわけで、
久しぶりに大人数でお鍋を囲めた、
とても楽しいひとときでした。

あの日ご一緒させていただいた皆さん、
さとうさんちのオーナーさん、
ありがとうございました。:D

[PR]
by bebe8080 | 2018-05-01 16:27 | 日々 | Comments(0)

マローンおばさん

今月はこちらの本を読みました。:)

c0100126_14072305.jpg


















「マローンおばさん」
作:エリナ―・ファージョン

~主なあらすじ~

森の奥に一人ぼっちで住む、
マローンおばさん。

そんな彼女の元に、
いつしかたくさんの仲間たちが集まってきた。

そしてやがてマローンおばさんは、
仲間たちに見送られながら、
最後の旅立ちへと向かう。

~~~~~~~~~~~~

心にじんわり響く短編でした。

一人ぼっちで住むマローンおばさんの元に、
すずめや、猫、きつねの親子など、
さまざまな動物たちが居場所を求めてやって来ます。

彼女の暮らしは貧しいものでしたが、
それでも来訪する客たちをもてなし、
自分にできる最大限の優しさを提供します。

最後の最期でマローンおばさんは、
温かい居場所を手にすることができるのですが、
彼女の静かな喜びが、
本を通じて伝わってくるようでした。

誰かに与えた愛情は必ず巡りめぐって、
いつかは自分に戻ってくるものなのだなと、
改めて実感した1冊でした。:D

[PR]
by bebe8080 | 2018-04-29 14:21 | 日々 | Comments(0)

冬の贈り物

時期は過ぎましたが、
昨年の冬に贈り物をいただきました。:)

c0100126_16322939.jpg




























遠く離れた祖母より。

大好きなポッキーやチョコレート菓子、
地元のお蕎麦やうどんをいただきました。

少しずつ大事にいただきました。
ごちそうさまでした。


c0100126_16333968.jpg























母親からは靴下をもらいました。
犬柄とフクロウ柄。

ワンポイントが可愛らしく、
とてもキュートです。

今から使う時期が楽しみです。:D


[PR]
by bebe8080 | 2018-04-19 16:47 | 日々 | Comments(0)

お知らせ(勉強会)

2018年4月22日(日)、13:00~14:30に、
月の森カウンセリングルームにて、
「こころの勉強会」を行ないます。


c0100126_09164937.jpg


























【日時】 2018年4月22日(日)、13:00~14:30

【場所】 月の森カウンセリングルーム
     (埼玉県所沢市小手指南2-7-9)

【内容】 子どもの気持ちを知る絵本を用いながら、
     不登校についてご一緒に考えます。

     学校に行けなくなった子どもたちが、
     体験している世界や気持ちを知ることで、
     かかわりのヒントを探していきましょう。

【対象】 当事者の方、保護者の方

【定員】 5名さま

【会費】 2,000円(税込)

【ご予約・お問い合わせ先】
 
 ・04-2948-0009
 ・info@tsukinomori.net
(月の森カウンセリングルーム)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今年度より不定期で、
こころの勉強会を開催します。

今回の題材は不登校について。

不登校とはどのような状態をさすのか、
起きる前触れや前兆、
渦中にいる子どもたちの心中など、
絵本を通じてご一緒に学んでみませんか。

皆さまのご参加を、
心よりお待ちしております。

[PR]
by bebe8080 | 2018-04-17 09:19 | 日々 | Comments(0)

ひなまつり

少し前になりますが、
ちいき新聞での取材の帰りに、
大きなひな壇をお見受けしました。:)


c0100126_09461125.jpg


















埼玉県越谷市にある、
「越谷ツインシティ」で開催されていた、
ひなまつりのイベントです

大きな祭壇には、
数え切れないほどのお人形さんたちが、
ずらりと乗っています。


c0100126_09573839.jpg


















取材をさせていただいた方と拝見したのですが、
その方いわく「時代によってひな人形にも、
流行りの顔や着物がある」とのこと。

たしかに、同じひな人形ですが、
細部を見ると、どれも違います。


c0100126_09495551.jpg

















ちなみにこちらは、
現代風のひな人形。

表情といい、着物といい、
今風の格好をしています。


c0100126_09550432.jpg





















三人官女の皆さんもやはり現代風。
美人なお顔をしています。

隣でちょこんと座っている、
小さなおちびさんも、
とても可愛らしいです。


久しぶりに大きなひな壇に圧倒された、
貴重なひとときでした。

文化を通じて季節を感じるのも、
日本の四季ならではですね。

[PR]
by bebe8080 | 2018-04-15 10:00 | 日々 | Comments(0)

ホワイトデー

先月になりますが、
ホワイトデーの贈り物をもらいました。:)

c0100126_08360692.jpg


















ミッキーとミニーのチョコレート。
可愛らしいチョコの詰め合わせでした。

キュートな贈り物と、
チョコの美味しさに、
ほっこりしたひとときでした。:D

[PR]
by bebe8080 | 2018-04-05 08:38 | 日々 | Comments(0)

ゆかいなセリア

今月はこちらの本を読みました。:)

c0100126_10122704.jpg


















「ゆかいなセリア」
作:エレーナ・フォルトゥン

~主なあらすじ~

7歳のセリアは、
スペインのマドリッドに住む、
おてんばな女の子。

お屋敷の中を駆け回ったり、
お友だちと近所を巡る旅に出たり、
お父さんお母さんの言うことを聞かなかったり。

そんなセリアが繰り広げる、
小さな日常の大きなファンタジー。

~~~~~~~~~~~~~~~~

主人公セリアのドタバタな日常が、
とても愛らしく描かれている物語でした。

セリアの日記のような形式で、
1つひとつのお話も短編のようで、
読みやすかったです。

随所に描かれているイラストも可愛く、
楽しめる1冊でした。

驚いたのは、こちらの本はなんと、
約90年前に書かれたということ。

そんな昔に書かれたとは思えないほど、
瑞々しく現代にも通じるユーモアで、
溢れていました。

それほど、昔も今も、
子どもたちの感性や想いというものは、
変わっていないのかもしれません。

7歳の目線で描かれた、
小さなファンタジーが詰まった物語でした。:D

[PR]
by bebe8080 | 2018-03-31 10:24 | 日々 | Comments(0)

タティングレース

昨年の冬になりますが、
埼玉県さいたま市にある、
タティングレースの教室に参加してきました。:)

タティングレースとは、
「シャトル」と呼ばれる糸巻きを使い、
さまざまな結び目を作っていく、
レースの編み方です。


c0100126_09461353.jpg
























講師のLunaさんによる、
毎月1回開催されているお教室です。

初めてのタティングレースに、
ドキドキワクワクします。


c0100126_09492858.jpg

























こちらがLuna先生による見本。

繊細な糸づかいと色合いが、
とてもきれいですよね。

思わず見とれてしまいます。


c0100126_09540412.jpg



























先生の優しく楽しい手ほどきを受けながら、
早速、挑戦です!

途中、難しい部分はありましたが、
先生や周りの生徒さんのフォローのおかげで、
楽しんで制作することができました。

机の上にはカラフルな糸や布たちで溢れ、
見ているだけでうれしい気分になります。


c0100126_09543888.jpg
























こちらは先生が持参してくださった、
わたし用の見本、シュシュです。

当たり前ではありますが、
やはりお上手ですよね。
とても素敵な作品です。


c0100126_10013937.jpg
















教室の終了後は、
皆さんでランチをいただきました。

私が頼んだのは、
お気に入りのホットサンドです。

ハムとチーズがたっぷりのサンドの下には、
フルーツやクッキーなど、
美味しいものがいろいろ入っています。

思えば、
今のタマコチさんでお教室に参加したり、
皆さんとお昼ごはんをいただくことは、
この日が最初で最後でした。

皆さんと一緒に楽しいひとときが過ごせて、
とても幸せでした。

楽しく丁寧に教えてくださったLunaさん、
優しく受け入れてくださった他の生徒さん、
本当にありがとうございました。

新しいタマコチさんでも、
いろいろな出会いに期待大です。

[PR]
by bebe8080 | 2018-03-25 10:31 | 日々 | Comments(0)

誕生日

先月になりますが、
今年も無事に、
誕生日を迎えることができました。:)

c0100126_15403806.jpg

















ささやかながら、
お寿司でお祝いをしてもらいました。

いくつになっても祝っていただくのは、
うれしいものです。


c0100126_15413196.jpg


















大好きなモンブランをいただきました。
栗とクリームの甘さがとてもおいしい。


c0100126_15425911.jpg


















翌日はショートケーキをいただきました。
シンプルなおいしさに納得です。


c0100126_15441949.jpg






















後日、友だちより、
プレゼントをいただきました。

時計つきのキーホルダーと、
リップクリーム。
そしてこの季節ならではの、
桜のクッキー。

可愛い贈り物に感激です。
どうもありがとう。大切に使うね。

またこの1年も、
マイペースに進んでいければと思います。:D

[PR]
by bebe8080 | 2018-03-17 15:47 | 日々 | Comments(0)