カテゴリ:日々( 64 )

庭の花

少し前から、
庭に冬の花々が咲き始めました。:)


c0100126_16060922.jpg


















冬の花でお馴染みの椿です。
鮮やかな色合いが目を惹きます。

硬い葉っぱを触ることで、
ひと冬ひと冬を懸命に過ごされている様子が、
伝わってきます。


c0100126_16082650.jpg


















パンジーも咲いています。
可憐な青色が印象的です。

朝露をまとい、
キラキラ輝いていました。


c0100126_16095153.jpg


















こちらは薄いピンク色の椿です。
フリルのような花びらが愛らしいです。

パステル調の色合いが、
遠い春の予感を感じさせてくれます。

身近な場所で、
自然の美しさに触れることができたひとときでした。:D

by bebe8080 | 2019-01-13 16:14 | 日々 | Comments(0)

中華丼

先日はお夕飯に、
中華丼をいただきました。:)

c0100126_14295546.jpg


















大きな器に盛られてボリューム満点です。

白菜やきのこ、お肉にソーセージなど、
具だくさんで栄養も満点です。

家族で分け合って、
おいしくいただきました。

ごちそうさまでした。:D

by bebe8080 | 2019-01-07 14:33 | 日々 | Comments(0)

昨年秋から、
風邪を引かずに過ごしています。:)

もしかすると、
こちらの食べ物のおかげかもしれません。

c0100126_14180961.jpg


















そう、柿です。

思えば昨年の秋は柿をたくさんいただき、
その都度食べていました。

柿を食べると風邪予防になると、
どこかで聞いたことがありますが、
案外本当なのかもしれません。

なるべく風邪を引かぬよう、
このまま今年の冬も、
穏やかに過ごせればと思います。:D

by bebe8080 | 2019-01-03 14:22 | 日々 | Comments(0)

もうひとつのワンダー

今月はこちらの本を読みました。:)

c0100126_16245212.jpg


















「もうひとつのワンダー」
作:R・J・パラシオ

~主なあらすじ~

いじめっ子ジュリアン、
幼なじみのクリストファー、
同級生のシャーロット。

3人の「ふつうの子」が、
顔はふつうじゃない
「ふつうの男の子」、
オーガストと出会ってー。
(本書より)

~~~~~~~~~~~~~

映画化もされた物語「ワンダー」の、
アナザーストーリーです。

前作は生まれつき顔に障がいがあるオーガストの話でしたが、
今作はオーガストの周りにいる子たちが主役。

オーガストをいじめていたジュリアンのその後や、
オーガストとの友情に悩むクリストファーなど、
それぞれの子の立場から見た物語が、
情感豊かに書かれています。

個人的に共感したのは、
最後の主人公「シャーロット」。

小学校高学年になると、
女の子はグループを作りがちですが、
シャーロットもそんな女の子の一人。

自分の入っているグループが、
周りからどう見られているか。

今まで仲の良かった子が、
違うグループへ行ってしまった疎外感。

別々のグループから寄り集まった、
もう一つの秘密のグループ作りなど。

女の子ならではの友達関係の悩みや迷い、
そしてそれを克服できた際の喜びが、
シャーロットの感情を通じて、
よく伝わってきました。

学生時代の頃の友達にまつわるエピソードが、
まざまざと思い出されるような、
ほろ苦くもキュンとくる一冊です。:D

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今年の更新はこれにて終了となります。

今年も当ブログにお越しくださった皆さま、
ありがとうございました。

たくさんの方たちに出会えたり、
多くの方からご協力やご配慮をいただき、
おかげさまで実りの多い年でありました。

ありがとうございました。

寒さが厳しくなりますので、
皆さまどうぞご自愛ください。

それでは良いお年をお迎えくださいませ。:)

by bebe8080 | 2018-12-30 16:57 | 日々 | Comments(0)

草大福

先日、久しぶりに大福をいただきました。:)

c0100126_14193813.jpg


















草大福です。

草の良い香りとあんこの素朴な甘さが、
とても美味しかったです。

ひとときの和菓子タイムを満喫しました。:D

by bebe8080 | 2018-12-06 14:21 | 日々 | Comments(0)

牛すき鍋膳

先日、久しぶりに吉野家さんへ、
お昼ご飯を食べにいきました。:D

選んだメニューがこちら。

c0100126_14144706.jpg


















牛すき鍋膳です。

コンロに火が付いたまま運んでくれるので、
ホカホカの熱々が食べられます。

冬の人気メニューとのことで、
他にも頼んでいる方がたくさんいらっしゃいました。

吉野家さんの牛すき鍋膳は初めて食べましたが、
味のしみ込んだ具がたっぷり入っていて、
とても美味しかったです。

これからの季節にぴったりな一品ですね。:D

by bebe8080 | 2018-12-02 14:22 | 日々 | Comments(0)

パンとバラ

今月はこちらの本を読みました。:)

c0100126_14095300.jpg


















「パンとバラ」
作:キャサリン・パターソン

~主なあらすじ~

1912年冬、
アメリカ東部ローレンスの町で、
移民労働者たちのストライキがおこった。

その混乱のさなか、
互いに名も知らなかった
イタリア移民の娘ローザと、
貧しい少年ジェイクの人生が交差する。
(本書より)

~~~~~~~~~~~~~~~~~

移民労働者たちの歴史や苦悩、
ストライキの実態などが、
よく伝わってくる内容でした。

物語はイタリアの女の子ローザと、
アメリカの男の子ジェイクが、
交互に登場しながら展開していきます。

二人とも違う家庭環境で育ちながらも、
「貧しさ」という点では一致しています。

長引くストライキのため、
ローザとジェイク、そして大勢の子どもたちは、
違う都市や町へ疎開します。

二人は事情により、
同じ疎開先になるのですが、
そこで出会った方たちの温かさにふれて、
お腹も心も満たされた生活を送ります。

先月読んだ「わたしがいどんだ戦い 1939年」もそうでしたが、
疎開先が必ずしも苦悩の連続ではなく、
恵まれた環境の場合もあるのだということを、
改めて知りました。

最後は、ローザは無事に帰宅ができ、
ジェイクは疎開先で暮らすことになります。

疎開先の恩人ジェルバーティーさんの元で、
住み、働き、暮らすジェイクの未来を思うと、
私も熱いものが込み上げてきました。

明日を諦めない子どもたちの姿に、
勇気をもらえた一冊でした。:D

by bebe8080 | 2018-11-30 14:26 | 日々 | Comments(0)

クッキー

先月、久しぶりに会った、
中学校時代のお友だちから、
手づくりクッキーをいただきました。:)

c0100126_14320846.jpg


















ハロウィンの時期だったので、
かぼちゃ味のクッキーです。

ほんのりと浮かぶ、
かぼちゃのおばけ顔がかわいい。

毎日少しずつ大事にいただきました。
ごちそうさまでした。:D

by bebe8080 | 2018-11-25 14:34 | 日々 | Comments(0)

羊かん

先日、久しぶりに羊かんをいただきました。:)


c0100126_22333180.jpg


















手作りの羊かんです。
味はスタンダードなあんこ味。

素朴な味わいに、
懐かしさを感じたひとときでした。

和菓子も良いものですね。:D

by bebe8080 | 2018-11-20 22:35 | 日々 | Comments(0)

十日町市おでかけ・2

今日は「十日町市おでかけ・1」の続きです。:)

2日目は久しぶりに親戚のご自宅へ行き、
いろいろお話をしたり、
お昼ご飯をご馳走になったりしました。

c0100126_14165344.jpg


















お昼は「かづや食堂」さんで、
出前をとっていただきました。

親戚の皆さんと出前をいただくのは、
かれこれ何十年ぶり。

懐かしく感じながらお昼ご飯を待ちます。


c0100126_14211800.jpg


















注文した醤油ラーメンがやってきました。

とてもシンプルな味わいですが、
素朴な美味しさが染みてきます。

普段はなかなか会えない親戚の方たちと、
こうしてお昼ご飯を囲ませていただき、
とてもうれしかったです。

実は今回、十日町市へ訪れたのは、
この秋、祖母が88歳のお誕生日を迎えたから。

なのでこの日の夜は、
ささやかながら祖母の八十八のお祝いをしました。

c0100126_14243654.jpg


















お花屋さんでお祝い用のお花を購入。

祖母の好きな紫色をあしらったアレンジに、
してもらいました。

とてもきれいな花たちに祖母も大感激。
早速玄関に飾ってくれました。


c0100126_14263952.jpg


















夕ご飯はお寿司をいただきました。

お祝いのおこぼれとして、
私もご馳走にあずからせていただきます。(笑)


c0100126_14303937.jpg


















おめでたい席に必ず登場するのが、ピザ!
今回もアツアツをいただきました。



c0100126_14323169.jpg


















祖母お手製のかぼちゃの甘煮もご登場。
ホクホク感、満載です。

手作りの美味しさに、
心もほっと安心します。

そんなこんなで楽しい夜は更けていきました。

次の日は祖母からのリクエストで、
祖母方のご先祖のお墓参りをしました。

c0100126_14341128.jpg



















初めて訪れましたが、
周りを田んぼと里山に囲まれていて、
とても落ち着いた場所でした。

天気も良く、お墓参り日和でした。


c0100126_14412500.jpg


















…というわけで、
あっという間の滞在でしたが、
とても意義のある日々だったと感じます。

こうして無事に祖母が88歳を迎えることができて、
本当にうれしいですし、
家族みんなでお祝いすることができて、
ありがたい限りです。

ご先祖の皆さんも、
きっと喜ばれていることと思います。

お祖母ちゃん、いつもありがとう。
また元気な笑顔に会いにいくね。:D

by bebe8080 | 2018-11-16 14:50 | 日々 | Comments(0)