2018年 03月 11日 ( 1 )

お知らせ(ちいき新聞)

地域新聞社が発行している、
『ちいき新聞』の取材レポーターをしています。

第23弾の記事がこちらです。

c0100126_16141762.jpg




























草加国際村一番地でタヒチアンダンスショー

2017年6月18日(日)に、
埼玉県草加市にある獨協大学にて、
草加国際村一番地が開催されました。

世界の音楽・ダンスやグルメ、
ワールドバザールが体感できるこのイベントに、
越谷市で開講しているタヒチアンダンススクール、
「アイタペアペア」もショーを披露しました。

代表の菊地博美さんは、
15歳で世界一周の船旅を経験した、
行動力の持ち主。

「情熱的でクールさがあるダンスに夢中になりました」と、
タヒチアンダンスに目覚めた当時のことを振り返ります。

ダンスショーでの見どころは、
何といっても他ジャンルとの豪華なコラボ。

当日はアフリカンミュージックのパイオニア、
ラティール・シーさんをはじめ、
国内では珍しいバラフォン奏者のAKEMI YAMAMOTOさん、
カリスマロックキッズダンサーの広瀬 鼎(かなえ)君、
そしてタヒチアンダンサーとパーカッションチームが、
速攻で演奏しました。

音楽とダンスの融合を生で体感できるショーで、
お客さんたちを魅了しました。

ちなみにスクールでは今後、
子連れママのためのクラスも計画中とのこと。

ご興味・ご関心のある方は、
ご連絡してみてはいかがでしょうか。

【お問い合わせ】
080-0600-7313
aitaepeapea.com
(菊地さん)

~~~~~~~~~~~~~~~~~

そんなタヒチアンダンスを、
昨年の秋に見られる機会があり、
早速伺ってきました。:)

c0100126_16295319.jpg


















越谷市にある香取神社で行われた、
観月祭です。

美しい月を眺めながら自然の営みに感謝し、
日本の風情を楽しむお祭りとのこと。

タヒチアンダンサーの皆さんは、
踊りを奉納されます。

c0100126_16333801.jpg

















タヒチの踊りと音楽で、
境内は一気に南国ムード♪

とっても華やかな雰囲気です。

c0100126_16343696.jpg

















素敵な衣装に着替えて、
オテアを披露してくださいました。

エキサイティングなダンスと、
可愛らしい笑顔にくぎ付けです。

c0100126_16370707.jpg

















最後はディズニー映画「モアナと伝説の海」の、
主題歌に乗せてアパリマを披露してくださいました。

南国の真っ青な空を思わせる、
雄大で解放感溢れるダンスが、
とても素敵でした。

ダンスの後はなんと、
津軽三味線の演奏が始まりました。

c0100126_16414497.jpg

















演奏者の五錦雄互さんです。

久しぶりに聞く雄互さんの演奏は、
以前と変わらず繊細で力強く、
境内の隅々まで響き渡っていました。


…というわけで、
秋の名月と共に、
タヒチアンダンスで異国の雰囲気を味わい、
三味線の演奏で邦楽の良さを味わえた、
素敵なひとときでした。:D

[PR]
by bebe8080 | 2018-03-11 16:57 | ちいき新聞 | Comments(0)