十日町市おでかけ・2

前回の「十日町市おでかけ・1」の続きです。:)

お盆最終日は「道の駅クロステン十日町」へ、
行ってきました。


c0100126_14260671.jpg




















敷地内にはアートのモニュメントがありました。

四角のアーチの向こう側には、
三角帽子を被ったような物が見えます。

何だか雪ん子たちのようです。



c0100126_14273810.jpg




















おもちゃの物産展も催されていました。

懐かしいおもちゃや、可愛らしいおもちゃなど、
たくさん販売されています。

お子さんたちが喜びそうですね。



c0100126_14292785.jpg




















クロステンの店内には、
新潟県で作られたさまざまな小物たちが、
販売されていました。

どの商品も、
職人さんたちの魂が込められています。



c0100126_14314089.jpg




















こちらはキッチングッズでしょうか。

お馴染みの日常品も、
ここではとてもスタイリッシュに感じます。



c0100126_14324059.jpg




















こんなに素敵な器もありました。

丸いフォルムが可愛い赤い茶碗に、
シルバー色が格好良い茶碗。

まさに逸品もの、ですね。



c0100126_14341942.jpg




















見上げると小さなつるし雛たちによる大きなツリーが、
飾られています。

何度見てもその迫力に圧巻されます。



c0100126_14365290.jpg




















隣接する「越後妻有交流館キナーレ」にも、
少し寄ってみました。

大地の芸術祭のアート作品の一つ、
「空の池」が垣間見えます。

水面に映るアートがとても綺麗です。



c0100126_14404121.jpg




















祖母の家に戻った後は皆でスイカを食べました。
甘さの詰まった夏の味に感激。



c0100126_14423176.jpg




















ぶどうもいただきました。

小粒ながらも瑞々しい甘酸っぱさに、
一足早い秋の味覚を感じました。



c0100126_14454329.jpg





















最後に祖母おすすめの、
十日町名産「そばいなり」をパクリ。

おいなりさんの皮の中に妻有そばを入れた、
蕎麦の名産地ならではの一品。

おいしさが心にも広がります。

…というわけで、
今年もささやかながらに、
いろいろ楽しめたお盆でした。

久しぶりに祖母の笑顔が見れたり、
今年も無事にお墓参りができたり、
本当にありがたく感じます。

来年も慎ましくも楽しいお盆が過ごせるよう、
1日1日を頑張っていければと思います。

[PR]
by bebe8080 | 2018-09-12 14:55 | 日々 | Comments(0)


<< お知らせ(パステルアート教室) お知らせ(ちいき新聞) >>