2017年 08月 11日 ( 1 )

お知らせ(ちいき新聞)

地域新聞社が発行している、
『ちいき新聞』の取材レポーターをしています。

第16弾の記事がこちらです。

c0100126_2354050.jpg



「越谷だるま職人 荻野芳雄さん」

埼玉県越谷市に伝わる伝統工芸品、
「越谷だるま」。

今回はだるま製作98年の歴史を持つ、
「荻野ダルマ製作所」を取材。

もともと祖父がだるま職人だったという、
荻野芳雄さん。

祖父から父へ、
そして父から伝わった伝統を、
荻野さんが継ぐことになりました。

だるま作りの特徴は、
ほぼ手作業であること。
「左右同様に描くのが結構難しいのですよ」と、
荻野さんは話します。

今は卸売りが主ですが、
それでも直接購入くださるお客さまも、
いらっしゃるとのこと。

「だるまは頑張り屋の象徴ですから、
お手元に届いた際には、
ご自分の魂を込めてみてくださいね」と、
荻野さんは語りました。


【荻野ダルマ製作所】
埼玉県越谷市北越谷4-9-31
048-974-8531
午前9時〜午後5時まで
日曜休業(3〜8月は土日休業)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

…というわけで、
私も今年の始めに早速、
荻野さんのだるまを購入しました。

c0100126_2311316.jpg



手の平サイズのミニだるま。
健気な可愛さが伝わってきます。

では、いざ、目を描きます!

c0100126_23123430.jpg



パッチリな目のだるまが、
仕上がりました。

「このだるまのように、
自分なりに頑張れる1年になれたらいいな」と、
お正月時に願いました。

その願いは、
冬から春へ、春から夏に伝わり、
今も尚、私の心の中で進行中です。
[PR]
by bebe8080 | 2017-08-11 23:18 | ちいき新聞 | Comments(0)