ピーターとファッジのどたばた日記

先月はこちらの本を読みました。:)

c0100126_2341935.jpg



『ピーターとファッジのどたばた日記』

作:ジュディ・ブルーム

〜主なあらすじ〜

主人公の小学4年生のピーターが、
初めてのペットを飼うことになりました。

その名も、
カメの「ドリブル」。

ドリブルを見たピーターの弟ファッジは、
カメの姿に大喜び。

その日から、
ピーターとドリブルとファッジたちの、
破天荒な日々が始まることに…。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

舞台は1972年のアメリカ、NY。

舞台も年代も全く違うはずなのに、
日常の根底に流れているものは、
現代の日本と同じ印象を受けました。

子育て中の奮闘。
兄弟同士の葛藤。
家族間のバランス。

どこのご家庭にも起こり得るエピソードが、
軽快に描かれている物語でした。

子育ての大変さを学習できたり、
兄弟ゲンカに思わず苦笑したり、
楽しみつつ、得るものもたくさんありました。

あらゆる意味で頑張る兄ピーターと、
いたずら好きの弟ファッジに、
本の中で出会えて良かったです。:D
[PR]
by bebe8080 | 2017-03-04 23:22 | 日々 | Comments(0)
<< お知らせ(パステルアート教室) 朗読会その後 >>